036bf785cc3e3b2796153e9d716abf80_s

医学部を目指して多浪している場合、何浪までねばるべきか?

医学部受験というのは簡単な道ではありません。実際、私も一度ではどこの医大・医学部にもひっかることができなくて、一浪しました。絶対医者になると決めている人、親が開業医だから絶対医者にならないといけない人というのも中にはいて、そういう人は何浪してでも医学部を目指すという場合もあるようです。ですが、実際のところ、医学部は何浪までねばるべきなのでしょうか。

率直に言って、賢い人はストレートで入学してきます。私のまわりも、現役合格が半分強といったところでしょうか。そして、残りのほとんどが一浪人、二浪になると少なくて、それ以上の多浪というのはめったにいません。もちろん、同級生でも年齢が上の人はいますが、他学部からの編入者や、社会人から受験しなおした人、一度看護学校や薬学部を出たけれどやっぱり医者になりたいと入ってきた人です。

もしご家庭が開業医で、何浪しても経済的に大丈夫な家庭環境にあり、逆にどうしても医者になってもらわないと困るし、就職先は実家だから何歳になってからでも構わないというのなら、何浪でも良いのかもしれません。ですが、一般的なご家庭であれば、二浪以上は厳しいでしょう。浪人中の学習を独学でというわけにはいきませんし、よほど優秀な学生さんが当日の体調やアクシデントで浪人してしまったというケースをのぞいて、予備校代金というのもかかってきます。モチベーションを維持していくのも大変です。ですから、背水の陣で勉強し、せめて二浪まででなんとか合格できるようにするのが良いでしょう。