ポリクリ

実際にポリクリしてみて、医師になれるかどうか自信をなくした・・・

医学部5年生は、ポリクリの時期です。ポリクリとは、病棟実習のこと。医学部5年生はまだ医者ではありませんが、実際に病棟に入るというのはなかなかの経験です。ポリクリでは多くの科に実習に行きます。希望する専門科が決まっている人も、その科以外の科への実習も行きます。逆に、何かの医師になるかを決めていない人は、ポリクリで経験する科の中から、自分に合った科はどれかを考えることができるのも、ポリクリです。

ポリクリが楽しいという医学生もいます。学年が上がるにつれて、実際の医師の業務に近いことを経験できるのが嬉しくて仕方がないという人たちです。

一方私は、実際にポリクリしてみて、本当に医師になれるのだろうかと自信を無くしてしまいました。医学部に入ってここまでの成績は、そこまで落ちこぼれということもありません。ですが、ポリクリは本当に辛くて……。

ポリクリが辛いのには、理由があります。まず、患者さんと話をするのが緊張するのです。それから、実習の科が変わるごとに人間関係が変わるのもつらい。医者の人間関係というのは特殊ですし、国家試験に受かった後も医局で経験を積まなくてはなりませんから、この人間関係というのは必須なのですが、ポリクリつらいポイントランキングでも上位に挙げられそうなのが、人間関係です。

ここであきらめずに頑張っていれば、高い確率で近い将来医者になれるわけですから、国立大学の医学部であろうと私立大学の医学部や医大であろうと、ポリクリは頑張らないといけません。ですが、本当に医者としてやっていけるのかどうか悩んでいるのは、私だけではありません。医学部は頑張って卒業するけれど、医師にはならずに仕事をするという選択肢なども視野に入れつつ、できるだけ医学部で頑張っていくべきかなとは思います……。