医学部生

医学部生のつぶやき〜本当に医師としやっていけるのか?

私は私立大の医学部に通っている医学部生です。もともとは、いつかゴッドハンドと呼ばれるような外科医になりたいと思って勉強してきましたが、折に触れて自分の医師としての適性について思い悩んでいます。

「高い学費を払ってもらっているのに医者にならなかったらもったいないし親に申し訳ない。」「医者にさえなれたら高い年収をもらってゆとりのある暮らしができるだろう……。」「外科医よりは内科医がマシかな……。」という、消去法で将来を考え、医学部にしがみついているというのもどうかとは思いますし、そんな私が医者になったところで患者を診て良いだろうかとさらに思い悩むこともあります。それでもやっぱり、医学部に入るまでの長い受験勉強や、これまで数年間すでに払ってもらってきた大学の学費、もし今大学をやめてしまったりしたら高卒になってしまうではないかという恐ろしさなどが、私を医学部に踏みとどまらせています。

そもそも医学部および医者というのは、憧れる存在であるべきです。それでも、私のように、いざ医学部で勉強をしていくうちに、自分の適性に悩む人は、実は少なくありません。実際、私以外に、私の周りにも何人も「もう無理かも……。」「医者になるの本気でやめようかな……。」という人がいます。

もっといえば、医学部の同級生だった友人の中には、医学部をやめて転学部した人もいます。しかもそういう人ほど優秀だったりします。

確かに、同じ成績であれば、地方の私立大の医学部よりも、もっと良い国立大学の別の学部に行って、民間企業に就職したり公務員になったりするという道があるのかも/あったのかもしれません。

医師という職業へのあこがれに対し、実際に解剖や診察などをしてみるとギャップが大きかったり、医学部生や医師の仕事が想像以上に忙しくて体力的についていけなかったり、趣味や人付き合いなど仕事と勉強以外の生活が侵食されてしまったりというのも、医学部をやめたいと思う理由としてよく挙げられます。しかしながら、こういう心のゆらぎは、医学部生には非常によくあることなのです。

医学部の同じクラスの人などに、医師へのあこがれが強く、しっかり医師になる強い気持ちを持って入学し、医師になるための勉強を喜んでこなしているような人がいると、余計にプレッシャーを感じてしまうということも多いです。「私はあんな熱心な医者にはなれない……。」という風に。でも、そんな悩みも決してあなただけではありません。

そこで、これから医学部を受験する人や、私と同じように現在進行形で医学部に在学中の人に、どういうところで医学部や医者の道をあきらめたくなるのか、ご紹介していきたいと思い、このブログを書いています。もしあなたが医学部を辞めようか悩んでいるのなら、そしてせっかくの医学部なのに辞めたいと思うなんて自分がおかしいのではなどと悩むことがあるのなら、その悩みは決してあなただけの悩みではありません。

私自身の考えを書くならば、せっかく医学部に入ったなら、医師として働かなくても、せめて医師免許を取るところまでは頑張った方が良いだろうと思っています。といいますのも、医学部を出て、民間企業に就職することは可能ですが、他学部を出て医師免許を取ることは不可能ですし、医師免許は一度取ってしまえば一生ものだからです。

医学部のマイナス面や医師の大変さなどをきちんとわかったうえで、納得して医学部に通っている人は誰だと思いますか?それは、開業医の息子・娘など、実家が医療関係で、実態を知って育ってきた人たちです。逆にいうと、そういう人以外は、たいてい医師として自分がやっていけるのかどうかについて、悩むものですので、一緒におおいに悩み、医学部にしがみつきましょう。